2003(平成15)年」カテゴリーアーカイブ

メシヤ講座・特選集no.35(平成15年12月分)

<体験記>
メシヤ様の存在と私
川崎市 早乙女恵子

私が25歳ころのことです。当時集会所だった私の家で留守番をしていると、心臓発作を起こして苦しんでいる女性が運び込まれました。この女性は顔見知りの方でした。「ご浄霊をお願い致します」と言われますが、私はビックリすると共に発作で苦しむ姿を見て怖くなりました。

続きを読む

メシヤ講座・特選集no.34(平成15年11月分)

<体験記>
指の機能回復にビックリ
豊橋市  松井友子

私は、佐藤さんのレポ-トを目にして現在の仕事を始めた時のことを想い出しました。以前エステの仕事をしていた娘から‘化学合成添加物’‘合成界面活性剤’‘防腐剤’など毒性の強い化学物質やそれらがもたらす毒性の話を聞いていましたが、‘自分が変えていこう’という意識は少なかったのです。

続きを読む

メシヤ講座・特選集no.29(平成15年6月分)

<体験記>
鎮痛剤、精神安定剤ともさよなら!
自堕落だった自分がウソのように・・・
豊橋市 松井美登

母と姉が、一昨年頃から浜松の増田牧子さん宅で開かれる「メシヤ講座」に参加するようになりました。私も神様のことには興味がありましたので、‘行ってみようかな’とは思いました。しかし‘よし行こう’という気分にはなれず、当日になると気持ちが重くなったり、体調が悪くなったりして参加できない状態でいました。

続きを読む

メシヤ講座・特選集no.28(平成15年5月分)

<体験記>
網膜色素変成、リストラ、相次ぐ苦難から脱却
浜松市  國立末子

平成7年8月に私の主人は網膜色素変成という病気を宣告されました。それより以前から主人は小さな自動車事故を繰り返すようになっており‘変だなあ’と思っていたのですが、手術もできない、薬もない、原因もわからないという大変な病気だったとは思いもよりませんでした。

続きを読む

メシヤ講座・特選集no.26(平成15年3月分)

癲癇(てんかん)の発作を起こした人への浄霊

 先日、勤務先の店舗でお客さんが癲癇(てんかん)の発作を起こして、救急車を呼ぶ事態が生じました。私はすぐさま浄霊をさせていただきました。頭を5分くらいさせていただいたでしょうか、正気を取り戻しました。救急車が到着する前に‘ありがとうございました’と礼を言って立ち去りました。

続きを読む

メシヤ講座・特選集no.25(平成15年2月分)

 1月分の内容について「神様の話は難しい」という感想が多くありました。『神様のことは解らないと思う人が、神様のことが解った人である』という教えがありますし、根掘り葉掘り尋ねる人に対して、『神様のことを詳細に知りたがる者もいるが、知ったからといって人を救えるのか』と諭される教えもあります。メシヤ講座にご参加の方々の反応は概ね良かったということでしょう。

続きを読む